へぇ~!!!

通販雑誌などでよく見かける「おしゃれなゴミ箱」のDULTON社。デザインといい色合いといい、絶対アメリカの会社だと思っていたら、なんとれっきとした日本の会社なんですって?! 驚いたわ~。

町田のショールーム&店舗が車で10分くらいのところにあると最近知ったので、昨日行ってみたのですよ。・・・行ってどう見ても日本の会社じゃなかったわ~・・・経営者のセンスが完全にアメリカンなのでしょうね。昨日は何も買わなかったけれど、ガーデン雑貨も意外に沢山扱っているので、また来ることになると思います。

ガーデン雑貨つながりで、今年のワンダーデコールのイヤープレートは舌出したガーゴイル。超おちゃめな姿で、はがきが届いた瞬間にお買い上げ決定(笑)。初日に買いに行って裏庭のフェンスに居場所を確保しました。

でもさ~・・・ガーゴイルって、調べてみるとそもそもは雨樋の排水口になっているもののことを言うらしいね。水を吐かないやつは単にグロテスクと呼ばれるらしい。ふーんって感じ。

それから長年欲しいと思いつつ躊躇していたアンティーク(ジャンク)ステンドグラスをゲットしました。ネットサーフィンしていてこれだ! とビビッと来たのを即ポチでした。大きさの割に他のお店が取り扱っているものに比べて安いし、何の意匠かもちょっとよくわからないし、何よりお店が上下逆さまで売っているという・・・(苦笑)。というか、これは間違いなくデザイン的には上下逆だろうとわかっていて買ったのだからいいけど。

すぐに届きましたが、安いだけあって状態はあまりよくないです(ガラス部分は問題ないですが、縁と枠がね)。ただ、いかにもアンティーク(というかジャンク)な雰囲気で、むしろこういうのを求めていたのでいい買い物した~とちょっと喜んでいます。とはいえ本当にぼろぼろなので、今日は補修用の材料を色々買ってきました。一番上の塗装と、ボロボロになったパテを一旦はがして、ペンキを塗りなおそうと思っています。

寒い日が続いていますが、日が長くなってきたためでしょう、植物は正直ですね。庭じゅうあちこちの樹木宿根草の新芽が膨らんできています。春めいてくる前に、裏庭のデッキとフェンスの塗り直しもしたいなと思っていま~す。

|

晩秋の庭。

秋の薔薇は発色も持ちも良いですねえ。香りも春ほど強くはないですが、花持ちが言い分微かに香って良い感じです。さすがにもうそろそろ終わりですけどね。。

初夏から旦那に作って~と頼んでいた作業台兼ストッカーが完成しました。色は私の趣味です。相変わらず青キチガイ(笑)。焼いたりこすったり下色をつけたり、かなり根気よくアンティーク加工してくれました。

Ambridge02

Playboy01

Playboy01_2

Playboy01

Jubilee01
上からアンブリッジローズ、プレイボーイ、ジュビリーセレブレーションです。

Kaeru01

Xmas01

Xmas01

庭の様子です。(上)どんぐり共和国でトトロバス停をゲットしたので置いてあります。(下)今年はまだ全然紅葉してないけれどクリスマス支度です。

Dai01

Dai02

Dai02

Dai03
ガーデン作業台です。セダムの入った白箱も旦那がペイントしたもの。スワンピックは花菜ガーデンで買いました。煽り止めがなかなか良いのが売っていなくてネットで購入。

今回、ネジ穴をふさぐのにおはじきを張り付けていました(ガーデンシンクや椅子は小さなビー玉入れてたんですけどね、今回は変えてみたらしいです)。

全体はCADで描いた設計図を元に材木を買ってきて作成していましたが、ブラケットだけはIKEAの白木のブラケットを買ってきてペイントしました。

|

DIYでガーデンシンク(レポートその2)

去年の夏、ガーデンシンクを(旦那が)作成して、ほぼ一年が経ちました。レポートの「1」を書いたので、「2」もあった方がいいかと(笑)。

作ったばかりの新しい写真はブログ等でアップされている方も多いですが、一年ぐらい経ってどうなったかアップされている方はあまりいない気がしますので、、

Gardensink4
脇にメドーセージ(サルビア・ガラニチカ)がハバをきかせています。・・・てか、大株になるとは聞いていたけどこんなに大きくなるとはね・・・(ちなみに一年目の株です)。

踏み台がずいぶん古くなったように感じますね(これは買ったものですが・・・)。あとは壊れたところもなく快適に使っています。

Gardensink5
別アングルで、こんな感じです。

また気が向いたら現在の様子をアップします。あと、過去のガーデンシンクに関する記事も「DIY」というカテゴリーを作ってそこに移動しましたので御覧ください。

|

DIYでガーデンシンク(レポートその1)

さて、完成したガーデンシンクですが。使用感は予想通り、イイ! です(笑)。暑いから無駄に屈んで作業しなくてすんで助かるわ~。

さっき、リナが夏期学習で真っ黒にして帰ってきた園靴を洗ったのですが、予想に反して踏み台がない方が作業がしやすかったです。出来上がり寸法は地面から99cmあるのですが、私の身長が159cmで5cmくらいヒールのある下駄を履いて作業しました。ヒジを曲げるとちょうどシンクの縁に腕を乗せる感じになり肩も上がらず腰も曲がらず作業がしやすかった。これはシンクが浅いから出来るんだろうけど。でも嬉しい誤算。

難点としては、今まで家の裏までホースを引っ張って裏のグリーンに水をやっていたんですが。木枠で囲ったことによりほんの少し(2~30cm)長さが足りなくなってしまって、今はいちいちはずして木枠の横からホースを突っ込んで使っている状態なので、蛇口からホースリールを繋いでいるホースを少し長いものに取り換えようと思っています。

あと、アク解見てると、「ガーデンシンク ikea」でヒットして来て下さる方がちらちらいらっしゃいます。IKEAにガーデンシンクそのものは残念ながら売ってません。北欧じゃ外に水道つけても冬には凍っちゃうでしょうしねえ~・・・IKEAで残念なのはガーデン用品が少ないことでしょうか。世界展開しているんだからもう少し発想を広げて外回り用品に力を入れてくれても良いと思うんだな。

とはいえ、DIYに利用できる部品やパーツも多くあるし、リーズナブルなので貧乏(笑)な我が家では重宝してますが。今回は水栓と一体のシンクが欲しかったので(シンクに蛇口をつける穴のあるもの)リルオンゲンを利用しましたが、立水栓とシンク(受け皿)を別々にしつらえるなら、キッチン用のシンクで使えそうなのが売っていました。陶器と、ステンレスと。防水加工済みのバーチ無垢材の木枠だけの洗面シンク用シェルフもあった。これは屋根があって風雨をある程度防げる場所なら、防腐処理を強化して屋外でも使えるんじゃないか? と思ってみてました(←素人考えなので自己責任でお願いします)。まあ、雨ざらしじゃさすがに厳しいだろうとは思うけど・・・。

|

DIYでガーデンシンク(多分、完成)。

Gardensink3

さて、前回の途中経過から一週間経ちました。この週末でなんとか完成にこぎ着けました。

結局、蛇口の取っ手を取り換えて、市民の森で踏み台を買ってきました。蝶番で扉をつけて、あおり止めをつけて完成となりました! 旦那、お疲れ様~! ありがとう!!

扉部分は、実は一旦は釘で打ち付けたものの檜って柔らかいのか、蝶番で取り付けようとしたら分解しかけてしまったそうで・・・昨日旦那はねじ釘を買ってきて組み立て直してました。別に檜にこだわった訳じゃないけど、材木を買いに行ったらたまたまサイズの合うのが檜だったからね。いずれにしろ材質による違いってのもやりながら覚える、ってのがDIYの醍醐味というか難しいところというか、融通の利くところというか。

コスト以上にやっぱり「自分で作る」という所に意味があるんですよねえ、DIYは。

では、「まとめ」です。

・元々の立水栓はそのまま利用。覆うように木枠を作り、その上に洗面台を置いた。高さが高くなったので踏み台を置くことで解消。
・とは言っても、蛇口部分は一旦水道の元栓を閉めてはずし、分岐ソケットを入れてシンク用とホース用に分岐。元の蛇口はホース用に使用。
・シンク部分の立ち上がりに板を噛ましてあるのは座金がわりです。洗面台をIKEAで購入したので、水栓の規格がヨーロッパ規格で管穴の大きさが合わなかったためにそうしました。探せば金属でいいのがあったのかもしれませんが、木でも雰囲気が合うので。あと、壁と洗面台の間が少しあいてしまうので台をつけてあるのですが、くぎ穴はビー玉で塞いであります。

Gardensink4

水道管をいじらずにここまでやりました。水道管をいじれる方はもっと綺麗に出来るんじゃないかなあと思います。

コストは先週の日記に書いた分+蛇口の取っ手(1280円)+踏み台(700円)といった所です。作成期間は、計画から材料調達→実際の作業終了まで約一ヶ月半、週末のみの作業です。思ったより早かったかな。

で、設計図を書くのに(つまり木枠を作るのに)旦那は3DのCADを使っています。使い勝手の良いソフトを個人で配布(気に入ったらお金払ってね~という形で)している方もいらっしゃるので、興味のある方は検索してみて下さい(って、DIYやる人ならもう知ってるよねきっと・・・)。

関連記事リンク →  

|

DIYでガーデンシンク(途中経過)。

さて。ガーデンシンクをDIYで作る! (正確には旦那に作ってもらう・・・)とブログで宣言してから、なにげにワード検索で閲覧しに来て下さる方がいらっしゃるので。

とりあえず経過報告させていただきます。

まず、動機は「標準でついていた立水栓があまりにちゃっちい! 買うと高い!」でした。私は腰が弱いので、普通の立水栓だと屈んで使わなくてはならず意外に不便に感じていたこともあり、どうせ取り換えるなら「ガーデンシンク」っていいんじゃない?! と・・・。

所が、ガーデンシンクもとにかく良いお値段がする。シンプルなので5万とか。ちょっと良いなと思うと10万越え・・・。1万円ぐらいであるのは、プラ製のちゃっちいのとか、農家さんが野菜を洗うのに使うようなステンレスのものとか、しかも水栓は別で・・・とかね。しかも既製品を買うと水道工事を別で頼まなくてはならなくなってしまう。うーーーん、とてもそんな予算はありません。って事で旦那に「作って~~」とおねだりです(笑)。

最初にイメージしたのが、木製ストッカー(物置)の上に陶器やホーローの洗面器(もしくは立ち水栓の受け皿)を置いたものでした。ただ、これだと我が家の場合、立水栓のすぐ横(90度の角度)にエアコンの室外機があって、風が抜けないとヒートアップしてエアコンにも良くないって事で一旦保留(脇がルーバータイプの物も売っていることは売っているので・・・)。で、次にイメージしたのが木枠だけのシンプルな物に白い陶器製のシンクが乗っているもの。

で・・・次に障害になったのが「水道工事をやりたくない」って事でした。DIYは旦那も好きですが、水道周りに関してはド素人。手を出したくないんです。ブログ等で手順を公開している方のを拝見すると、大抵地面掘って水道管いじってらっしゃるんですよねえ~・・・我が家的には、地上部で目に見えているところは良いですが、地中部分はいじりたくない。って事で、「元々ある立水栓をそのまま生かす」のが大前提となりました。

んで、その大前提を生かすとシンク上面の高さがべらぼうに高くなってしまう、って事がわかりまして。大前提となる今ある立水栓の上面が地上82cmの所にあり、それを覆い隠すように作り更に蛇口は手を突っ込んで使えるようにするとなると、シンクの高さ自体が1mくらいになってしまうのです。

台所の天板の高さが85cmですから、1mじゃあさすがに高すぎですね。まあこれは踏み台を置くことで解決しようかと。なんやかやで一旦保留にした脇ルーバーの倉庫も使えそうにないという事で(高さとか、風通りとか色々)シンプル木枠をDIYして、陶器の洗面器を上に置くことで決定。

<材料> 細かく記録を取ってなかったので大まかです・・・。

基礎 布基礎用コンクリート平板とプラスチックの土台 3千円ぐらい。
枠組み ウエスタンレッドシダー2×4材 6feetが5本 5千円ぐらい。
棚板 ホワイトウッド 1×6材 3feet1本 7百円ぐらい。
シンク部分 IKEAの洗面器(リルオンゲン・シリーズ60cm) 1万5千円ぐらい。
蛇口部分・分岐ソケット・接続ホースなど水周り 7千円ぐらい。
扉部分 檜スノコ天板 180cmが3本くらいと角材1本で千5百円ぐらい。
金物 枠組み補強用のL金具やねじ釘、蝶番、あおり止めなどで4千円ぐらい。
その他 塗料などは家にある物を使用。木材にはHCでのカット代含む。

ご覧になっておわかりかと思いますが、ざっと計算しても材料費だけで3万5千円ぐらいかかってます。うーむ、例えDIYでも、決して激安では作れないって事がわかりました。既製品の値段はもしかしてそれなりに妥当な値段なのかも・・・とちょっと思いましたわ。

まあ、作ろうと思い立ってからチマチマと買い集めたので一気に払っていないからそんなにかかったように感じていませんでしたけど。

んで、あっぱっぱ~な枠組みだけの物にするって事で、この週末にかなり完成に近づいたんですが・・・設置して確認してみた時点で「やっぱり正面は目隠しがないとみっともないなあ~・・・」という事になり、現在は扉部分の作成中なわけです。踏み台と干渉しない高さで取り付けるつもり。

Gardensink1

って事で、今は8割くらい出来上がった状態でしょうか。週末にしか作業が出来ないので、完成まであと2週間ほどかかるかなあ。踏み台も、今はコンクリブロックを仮置きしていますが、以前、市民の森の木工所に売っていた花台をアレンジして使えないだろうか・・・と今考えています(今でも売っていればね)。そうでなければコンクリブロックに自力でタイルを貼って作っても良いなあ~・・・(これは私が作業したい! 旦那がDIYしているの見ていたら私も何か作りたくなってきたから)なーんて夢広がってますがね。

Gardensink2

現在の様子はこんな感じ。ね・・・正面から見ると間抜けな感じでしょ。なので、扉をつけようかと。元々の立水栓のカバーはそのままになっていまして、水栓部分だけ取り換えるため一旦(30分ぐらい)水道の元栓を止めて作業しました。分岐ソケットを入れ、上の蛇口とホース用蛇口と二箇所で水を出止出来る形になっています。 

(左)正面から。(右)斜めから。右写真で室外機との位置関係がわかるかと。あと、細かいところだと蛇口の握りが可愛くないので、レトロ調の物に取り換えようかな~・・・って感じでしょうか。確か、HCで1300円くらいで売っていたので。てか、本当に水道周り用品って高いわ!

完成写真やディテール写真は完成後もう一度記事を書く予定なのでその時に。

|