何ヶ月ぶりの更新。。

こんにちは、本当にご無沙汰しております。

新学期に入って、すでに2ヶ月以上が過ぎました・・・。あまりの放置っぷりに言い訳もできませんが、病気の方のブログは、毎日更新中(笑)。

さて、ニケ、中等教育学校の二年生に進級しました。

進級最初から大コケしまして、まあ、身バレするので詳しくは書きません。。

4月後半には社会科見学という名目で鎌倉に遠足、現在は、中間テストが終わり、再来週が体育祭。

クラスには相変わらず馴染んでいるのかいないのか・・・友達の話もあまり聞かないので、相変わらず独立独歩、お一人様を通している様子。

体育祭の直後には、農村体験もあり、2年生は夏休みまでの間、一気に走り抜ける感じになるようです。

リナは、高学年になり、たいそう活発ですね。

毎日、約束した時間には家に入らず、最近は、7時近くまで遊び呆けております・・・。

理解力や、読解力がまるでなく、1-2年生向けのチャレぺ~でも苦労しています。やはり、中等受検は難しいかな。。このままでは、地元中へ上がっても厳しいかも(>_<)。そろそろ、高校受験に完全シフトして、塾を考えたほうがいいかもしれません。

ノート等は、女子なので、可愛くきれいに取るんですよね。。今年の担任の先生が、なかなかおもしろい先生で(異動で来られた先生)、物事に興味を持たせてくれるのが上手なようです。

中等、今年の選抜は、大手塾の合格偏差値で、なんと女子御三家の一角を抜いたとか。

ニケの代までは、「地方の公立一貫校対策」で適性とセンスのある子が合格! という感じでしたが、もう、今年からは無理かなという感じです。問題や傾向は以前とそう変わっている感じはないですが、とにかく高得点をマークしないと合格できないという感じのようです。

クラスの様子(進級直後、職業体験の一環で親の職業の聞き取り発表などがあり)や、後輩の話を聞いていると、やはり、私立へも行かせられるけれど合格したから中等へ、というお子さんも多いようで、正直、受検自体にはお金をかけず適性を磨く単願者にはもう太刀打ちできない学校になってしまったかもしれません・・・。

授業内容は相変わらずで、負荷負荷負荷。。という様子。ニケは英語だけ個別指導塾へ行かせていますが、中間の問題には、塾の先生方も驚愕していたと。あまりの難しさに・・・。

結果が出ていませんが、もちろん全く期待はできないところ。

さて、私自身は、病気の術前治療も折り返しを過ぎ、副作用に苦しみながらもなんとか日常を送っております。

一連の治療自体が手術で折り返しですので、まだまだ先は長いのですけれどね。。本当に治るのだろうかという不安と、こんなにつらい治療をしているのに、再発するかもしれない、何年生きられるのだろうか、など、ネガティブに考えることは多いのですが、まあ、そうは言っても、日々を過ごさなくてはなりません。

7月でパートの更新があったのですが、現状、契約の1/3-2/3ほどの出勤日数ですが、なんとか更新していただくことができ、7月からも今の職場で働くことができることになりました。

社員の皆さん、パートの先輩、同僚、皆さんに支えていただき、なんとかやっております。

とにかくね~、異常なくらい、お金かかりますから! クビにならない限り、続けないと、治療費も払えませんよ。。

今月は、義父の法事などもあり、忙しい一ヶ月となります。

また、次の更新は、何かの節目に、数カ月後になってしまうかも。でも、まだ閉じるつもりはありませんので、気長にお付き合いくださいませ。。

|

予想通り。。

いや、予想より悪かった、ニケの成績表。

多くは語りません。まあ、妥当なところでしょう、年末からの酷さを見ていれば。

抗がん剤打った直後の精神状態に、大打撃ですよ〜全く。

リナは頑張りました。じわじわと、二重丸の数が増えています。

ですが、学力状況調査の結果は思わしくなく。算数、基礎はいいのですが応用が・・・。理科なんてどうしちゃったの? ってくらいの高得点なのに! ムラありすぎでしょー。

最近はまた、中等やっぱり受けないとか言ってますし、うん、いいよあなたは地元行っても楽しくやれるタイプだと思うから。

ただね、地元中の部活の少なさがね。。

場合によっては、習い事継続もアリ、、なのかな。

|

リナの新体操&4月の異動。

リナの新体操の発表会が無事に終わりました。

新体操なのでね、、バレエなどのように「観せる」ものではないですから、ですが、発表会なので技術を競うのではなく、披露する場。

幾つかの教室が集まって、体育館で開催。午後からの部でしたが、駐車場(病人と年寄りがいるものでね)や、食事のことを考えると、まる一日がかりです。

そして自分の子どもの出番はせいぜい5-7分くらいかな。。

今年は来週開催の大会に出るつもりで(こちらは大会なので順位がつきます)この半年、リナも一生懸命練習してきていたのですが、前哨戦として発表会で個人出場あり。

ただ、規定科目なので、曲も振り付けも指定で、約1分。団体のプログラムが2曲で5分くらいかな。

個人はちょっと失敗しましたが、上手に演技していました(本人はめっちゃ緊張したといってましたが・笑)。団体も苦手なボールですが頑張っていました。

ですが、大会は私の病気のこともあり(副作用で寝込んでいる可能性のある日程なので)、出場を断念。だって、開催地かなり遠いし、リナ本人が「ママが行けないなら行かない!!」と言い張る。

リナは、いい意味でのんびり、悪い意味で向上心がないタイプ。

頑張って技術を磨いて、他人に認められて、賞を取って、みたいな貪欲さがないのですよね。

先生には「出れば入賞できると思うんだけどな」とも言ってもらえ、旦那も連れて行ってくれると言っていたのですが、本人にやる気が無いのと女手がないのはね・・・。

義母が行ってもいいと言ってくれたのですが、何しろ遠い朝早い。70歳をとっくに超えている彼女にはどう考えてもきつい。うちの親は相変わらず自分たちがやりたいことしかしませんしね。

本人にやる気があれば同じ教室のお母さんたちが助けてくださると言ってくれているのに。。残念なことです。

さて。

4月に向けて、生活がまたバタバタとしてしまいそうです。

小学校の教員異動、良いと思っていた先生が軒並み異動&退職。

中等も随分動くみたいです。

私のパート先の支店長も異動。これは・・・私の進退も影響出そうです、新しく来た人によっては辞めるように圧力をかけられかねない。。

そして、旦那も異動。今年はなさそうと言っていたのに。。

昇進なので本来はおめでたいことなのですが、家庭がバタバタしているときなので、ちょっと厳しい。そして、残業代が全く出なくなるので、収入も減ると思われます。

ああ、ますます私仕事辞められないのに・・・。

0学系の占いでは、来年がどん底。うち、0学系では旦那と私、全く同じ星回りなんですよ。良いときも悪いときも相乗効果って感じです。

あああ・・・こんなひどい状態なのに、まだ下があるのかと思うとゾッとする。あー。

|

3月に入って、

ニケの学校では、短縮授業や特別編成が続いています。

思えば、11ヶ月前に入学して。

入学式の翌日からお弁当持ちで7時間授業。午前中で授業が終わることなんて、2月までは殆どなかった。定期テストの最終日でさえ授業があったりして。

それが突然、3月に入って毎日のように4時間授業でお昼食べて帰ってきた。とか、後期生が球技大会だから部活なかった。とか言って帰ってきます。お弁当は毎日持たせているので、教室で食べてから帰ってきているようですが。それでも、小学生より早く帰ってくる日が続くと、ちょっと変な感じです。

その分、ちゃんとテスト直ししてくれればいいんだけど・・・そこはそれ、ニケのことだからー。やってる気配があるんだかないんだか。。

そもそも、受検休みの宿題も、多分、出してない@英語。

ああ、、、成績表が怖い orz

今月から個別塾へ行かせていますが、効果が出るには半年一年かかるでしょうしね。そもそも効果が出るかもわからない。大学生講師のマンツーマンだけど、個別塾自体私も旦那も縁がないから・・・。どんなもんかと。

そうそう、来年度の副教材のお知らせが来ました。

約2万5千円。

去年は確か5万5千円くらいだったかな? だいたい半分ぐらいでしょうか。私立だともっとかかっているのかな。

いずれにしろ、無駄にしないで勉強してほしいです。

さて。

ニケの先輩たち、3期生の受験結果が続々出始めているようです。

インターエデュの速報で東大が6人(現役のみ推薦含む)。去年も現役6人浪人1人だったので、大きくは変わっていないようですが、東京理科大の合格者数が大躍進、ますます理系に舵を切っている感じですね、中等。

学校の公式発表は4月に入ってからになるでしょうが、1,2期生に続き、素晴らしい結果が出てきているようです。

|

アズール・ウインドウが崩壊とな。

マルタ共和国はゴゾ島に存在していた「アズール・ウインドウ」と呼ばれる奇岩?が崩壊したとのこと。

マルタって、旦那と一緒に行った最後の海外旅行の地です。単に、それ以降子どもも生まれて海外旅行に行けていないだけですが。

いいところでした。

再度行きたい場所の一つです。

景勝や文化としては中世イタリアと北アフリカのいいとこ取り、地中海ど真ん中だから、海もすっごくきれい。英連邦だから、英語が通じるし。

とはいえ、聖ヨハネ騎士団が放浪の末嵐に合い難破したのがマルタだって言われているから、強風や嵐にも見舞われやすい場所なんだろうね。

立地的にアフリカが近いからキナ臭いことは間違いないし。クイネルのハードボイルド小説の舞台にもなっていましたし、ここ数年のシリア情勢で、難民の中継地にもなっていました。

ニュースリンク↓

http://www.sankei.com/photo/story/news/170309/sty1703090004-n1.html



|

気持ちの整理なんて、つかないってことがわかった(苦笑)。

思わせぶりなフェイドアウトをして、早3週間。

ハイ。

気持ちの整理なんていつまでたっても多分つかないってことがようやくわかりました。だったら、カミングアウトしたほうがなんぼかマシってもんですよ。

カミングアウトしますよー。

読みたくない人は、回れ右!












 








1月半ば、寝入りばなにふと痒いなーと思って、ふっと触ったんです。

飛び起きました。

おっぱいに、しこり。

なにこれ!

数日後近所の総合病院の乳腺外科受診、この日の先生(ベテラン)は「悪いものではなさそう」とおっしゃっていたんですが、マンモグラフィー、超音波を撮ったあと、出勤と曜日の関係で、別の先生(部長先生)に結果を聞きに行きました(総合病院なのでね)。

画像を見て、3年前のマンモ画像には写っていないけれど今回写っている。3年でここまで大きくなるのは良性とは思えないと、その時は「悪性葉状腫瘍」の話をされていたのですが・・・その場で造影剤CT、針生検と、あれよあれよと検査は進む。

まあ、先生はわかっていたのでしょう、葉状腫瘍ではないって。

はい。

「乳がん」

でした。

検診、3年行ってませんでした。しかも、3年前は上記ベテラン先生にマンモトーム生検をやれって言われて、金額と手術手術の連呼に、怖くなってバックレた黒い過去が・・・。

自業自得かもしれない。

でも、だからって、ショックはショックですよ。

親戚にだれもいないわ。。乳がんか。。癌。。

ということで、すでに術前化学療法で治療がスタートしています。

このブログは「私自身の日記的な」ブログで、例えばニケの受検に特化したり、旅行のことに特化したり、ということはなかったのですが、さすがに特定の病気のことなると、書きにくいです。

そして、命に関わる病気のこと。

興味本位だけで読んでほしくないし、そもそも病気のことなんて読みたくないでしょ? 皆さん。。

なので、別のブログを立ち上げました。

ここにはリンクは貼りません。

こちらのブログは、引き続き、ニケの学校生活やら、普段のことやら、書いていけると・・・いいな。

|

バレンタイン・デ~♪

ハッピーバレンタイン!

今年の我が家は、リナが友チョコを一生懸命作った以外は、インフルエンザのせいで買い物にも行けず。。

というか、自分チョコ(違うだろ旦那用だろ)厳選している時間もなかったわ。

ニケも、根が真面目で幼いので、学校にお菓子持ち込み禁止を守っているし、男の子にはチョコはあげる気は全く無いみたい。部活として堂々とお菓子を食べられる部活なので、あんまり意識していないというのもあるんでしょうけど。

なんですが、先週、受検休み明けに前期上級生がやらかしてしまったらしく・・・昨日は該当学年、居残り説教だったらしい。

具体的には、受検休みのお土産(テーマパークかなにかかね)を授業中に食べたか持っているのを先生に見られたかしてしまった子がいたんだそうで。

お陰で規制強化だそうです。

荷物検査までは今の時代しないとは思うけど・・・違う意味でざわついた一日になりそうですね、中等(苦笑)。

|

通過点であり、スタート地点でしかないのです。

まずは、受検されたみなさん、親御さん、お疲れさまでした。

そして合格された方は、おめでとうございます(^-^) ご縁が無かった方も、何が幸いするかなんて分かりません。縁の問題、本当にそれだけの事だと思うのです。

中学受験(受検)はゴールではありません。合格発表の翌日に厳しい事を書きますが、これは通過点でしかなく、新しいスタート地点でもあるのです。

中等は、よほど要領にも地頭にも恵まれたお子さんでない限り、本当についていくのは大変です。

特にスタート地点は同じであるはずの英語に関しては、基礎ができていることが前提で進みます。うちのニケなど完全に出遅れ、現在はお恥ずかしながら収拾がつかない状態になっており、個別塾を考えています。

合格された皆さん(の親御さん)は、まさかうちの子は大丈夫だろうという思いがあると思いますが、160人いるということは、残酷にも1番から160番まで順位がつくのが中学生以上の成績です。

何事にも、なぜ、どうしてこうなる、という点を自分で納得しないと先に進まないタイプのニケは、英単語発音を覚えるのにすら、今までの(日本語)常識との違いを納得してくれません。「だからそれが英語なんだってば」「英語はそうなんだからまず覚えないと」と、いくら言っても、思考がニュートラルに入らないのです。そして反抗期と重なって頑なに先に進もうとしません。

塾も、やっと本人が受け入れる気になったのが最近の事なのです。

今思えば、地元中でじっくり基礎を始めた方が、ニケには合っていたのかも、、、との後悔もあります。この一年間、親である私たち夫婦は、何度も地元中へ転校させた方がいいのではないかと思いました。それでも、ご縁をいただいたこと、ニケ本人の性格を考えたとき、今さら地元中でやっていけるとは思えない(好転するとは思えない)事などを考慮して、思い止まりました。

どちらが正解かは、たぶん一生わからないとは思いますが、だからこそ合格は通過点であり、新たな環境、教科、人間関係のスタート地点であることは、中等ではない学校へ進むお子さんとの違いはないのだと思っています。

昨日は、ニケは本当に久しぶりの登校でした。

朝から事務室へは近づかないようにお達しがあったそうです。特別教室への移動の際に渡り廊下からクラスのみなで様子を見ていたようですが、事務室へ吸い込まれていくお子さんの数より引き返していくお子さんの方が圧倒的に多い様子に、在校生も思うところはあったようです。

今日は、もしかしたら繰り上げ合格の連絡が来ている方もいらっしゃるかもしれませんね。

以前の記事にも書きましたが、市進学院の繰り上げ情報によれば、去年は推定で二桁人が繰り上げ合格されています。郵送と電話のタイムラグから、上位者には電話が先の場合も多いようです。

期待と不安と。

皆さんどうぞご自愛くださいね。

|

いよいよ明日、運命の日。

今日は寒いですね。。

我が家、インフルエンザ狂想曲に踊らされて、私は久々の出勤になります。夜更新出来る自信がないので、朝のうちにブログを更新しておきます。今学校のサイトを見てきましたら、まだ通常モード。多分、今日の夕方には合格発表モードに変更されると思います(感染症出停書類の書き方見とかなきゃ)。

さて・・・県立中等の合格発表、いよいよ明日になりましたね。

長かったですよね・・・この一週間。本当に、本当に、お疲れ様でした。

前にも書いたかもしれませんが、私もこの、検査から合格発表までの一週間が、ニケの受検関連で最も精神的に疲れました。。

番号掲示を学校まで見に行かれる方、ネットで確認する方。色々いらっしゃると思います。本人に掲示を直接見せる是非については、それぞれの価値観だと思いますので、あえてこのブログでは書きません。我が家は学校を休んでまで見に行く必要はないという方針のもと、本人は普通に登校させ、私がネットで発表を確認しました。

当日の流れについて、おさらいしておきます。今年の受検案内は入手しておりません、あくまで去年の体験をもとに書いております。

まず、10日の決められた時間までに「合格通知書」を受け取る必要があります。その際は、受検票が必要です。受検票があれば、本人同伴である必要はありませんが、本人が書類を受け取り、中等の先生から直接「おめでとう」と声をかけてもらうのは良い経験になるかもしれません。

「県立中等教育学校入学者決定検査 合格者受検番号」掲示板・・・うん。なんか言葉にすると仰々しいですが、悲しくなるほどそっけない、80個の番号が書かれた模造紙が男子女子、それぞれ一枚ずつ、それぞれのホワイトボードに貼り付けられていましてね(それも去年はマグネットで留まってたよ。。なんか公立っぽい?)。学校説明会や文化祭の賑わいと、受検者の多さとを考えると、本当に本当に狭き門なのだと、実感します。

で、掲示板の横に、合格された方はこちらへ、という誘導板が立っているので、それに従い校舎内に入ります。

「合格おめでとう」と書かれた封筒を渡され、中に「合格通知書」を含めた書類一式が入っていますので、用意されたテーブルで、中身の確認をしてください。

本人を同伴されている方は、その場で「誓約書」にサインをされるのもいいでしょう。

次に、銀行へ行き、「入学金」を収納します。その際、学費等の「口座振替依頼書」も同時に提出すると、手続きが一度で済みます。

口座振替依頼書は、ゆうちょ銀行以外の金融機関はすべて、学校に提出する前に金融機関の口座番号と届出印の確認が必要になります。

県指定の金融機関は、検定料納入の際に一覧のあった金融機関と同一かと思いますので、口座をお持ちでない方はいらっしゃらないと思いますが、駅前に支店がない場合は厄介ですので(印鑑照合してもらうのに駅を移動しなければならない)、駅前に支店のある銀行に口座があったほうがいいかもしれません。

今すぐ、支店があるか確認しましょう! なくても大丈夫、支店のある駅まで行けばいいだけだし、なんなら明日新規開設しても間に合います(口座振替依頼書は提出期限が11日ではなく一週間ほど先でしたので、あくまでも、「駅前に支店のある金融機関」「なんなら新規開設」は、10日中に済ませたい方への推奨方法です)。

その後は、学校にもう一度戻って書類を仕上げるもよし、カフェ等でゆっくり仕上げるもよし、私のようにテンパって何も考えられなくなったからと一旦自宅に戻るもよし、です。

ただし、いずれにしろ、手続き期限までに書類一式を提出する必要がありますので、11日の期限までに必ずもう一度学校へ行く必要があります。

「合格おめでとう」の中の書類一式を提出すると、今度は「入学準備について」という封筒で書類一式を頂きます。副教材を宅配便で受け取るとその場で決めている方は、この場で提出(費用も)するんだったかな(ごめんない、ここはうろ覚え)。

申込用紙を提出する体育館履きのサイズは、入学者説明会時に試履して合わない場合は取り替えらましたので、今年も大丈夫だと思います。

あと、宅配便については、入学者説明会当日でも受け付けてくれていました。

当日にできる行動はここまでです。

ですので、一度にすべてを済ませたい方は、

・本人同伴
・口座情報と印鑑

は、絶対に忘れずに!!

ご縁がありますように!

|

長い長い一週間。

受検から合格発表までの長い長い一週間。

本人は、受けたことすら忘れた「ふり」をして元気に登校、どころか放課後はランドセルを放り出してすぐ飛び出していくとか、はたまたゲーム三昧、溜まった録画の消化、積読していた本や漫画の消化・・・そんなところでしょうか。

親は悶々として、ああ、まだ○日もある・・・と、長くて長くて気が狂いそうな毎日。

そんな感じではないでしょうか?

いじめているわけではないです。だって、去年の自分がそうだったのですもの。

一昨年年初までは長く専業主婦だったので、去年の今の時期は本当にパートをしていて良かったと感じました。気が紛れるから。

時間ができるとそれまで全く縁のなかった受験関連掲示板や個人ブログを読み漁り、ああ、こうした方が良かったああした方が良かったと、後悔することもありましたね。。

受検が終わると、不安なお母様方がこぞってインターエデュなどにも書き込みされています。

あそこは誰でも書き込みができるので、情報が正確かどうかすら判断できないところが悩ましいところ。

去年は問題の傾向と難易度が一昨年とはちょっと変わって、素直で点の取りやすい逆を言えばケアレスミスのある無しで合否が変わってくる可能性がありました。

インターエデュでは、満点も出たのでは? なんて書かれて、本気でビビりました。

今年の問題も、去年に引き続き、市立都立とは違って素直な適性検査問題ばかりでした。でも、これでもかと前提条件があり、一つでも見落とせば正確な答えは出ない。

多くの子が落としそうにない問題でも、例えば日本丸の問題など南・東・南と計算するより先に南合計・東と計算したほうが圧倒的に早く答えが出る→後半の問題に掛かる時間が増える、と言った本当に細かいところでもトラップがあった気がします。

違ったのは文字制限のない作文があったこと。あれを見ると少し文系に傾いた感じはしますね。

不安なのは皆一緒、運命の時を待つしかないんですけど、でも何かしら足掻きたい。

しかも去年の我が家は、受検から発表の間に地元中の体験授業(全員参加)と参観とジャージ採寸等(入学予定者のみ)がありました。

中等に縁がなければ地元中という単願受検でしたから、半分以上ここに通うんだ、というつもりで真剣に対応しましたよ。ただ、諸々の注文だけは結果が出てからにさせてもらいましたが。説明会では、副校長先生に個別にそのことをご相談させていただいたり、1/6の確率なのでうちに来るのが濃厚なんでしょう、というような態度は微塵も見せず気持ちよく対応してくださり、地元中の先生方にも悪い印象は全く持ちませんでした(合格して、他の中学に行くことになったことは小学校の担任の先生を通じてお伝えいただきましたが、小学校の担任の先生経由でおめでとうございますとお祝いもいただきました・・・でもこの副校長先生4月に異動されちゃったんですよね・・・)。

そもそも、ニケとリナの通う小学校は中学校との連携スタイルの学校なので、それまでも、今も、何かと小学校と繋がりがあるんですよね。

何が言いたいかといえば、目先を変えて、中等に縁がなかった場合進学する中学校の良い所を今だからこそ探しておくのもいいと思う、ということです。

大丈夫、それは逃げではなく、リスク管理ですから。

さて、そしてここからは、本邦初公開(バカ)。去年の長い一週間を持て余した私の勝手な憶測に基づくなんの根拠もない「採点に関する分析」です(分析と呼ぶのかそれ)。今長い待ち時間を過ごされている方はにはもしかしたら腹の立つ内容かもしれません。下らない読み物として受け入れられそうにない方、読みたくない方は回れ右でお願いします。
















続きを読む "長い長い一週間。"

|

より以前の記事一覧