超・ウケた!

タイトルが古臭い表現ですがなにしろアラフォーのおばさんなのでお許しを(笑)。

って、何にウケたかと言えば!

震災以降、家の掃除道具のメインは箒を使っている私なのですが(元々二階では使ってましたが)、今まで使っていた箒がボロボロになって来ましてね。

白木屋傳兵衛の一万円弱の箒ですよ。20年は保つと思っていましたが、やはり道具は使い方次第のようで。

私は手にスナップを利かせて掃いてしまったり、隙間なんかも遠慮無く箒を突っ込んでガンガン家具や壁に当ててしまっていたので、ホウキグサを縛ってある根元からボロボロ崩れてしまったり穂先がカーブしてしまったり。

お湯で伸ばして干してみたりもしたんですが、すぐ戻っちゃう。

1万円もするものを3年でダメにするなら、次はもっと安い箒を試してみようと買ったのが、、

「ワルツホーキ」です。

送料込みで3千円以上するから安いってほどは安くないけど。

髪の毛が絡みつきにくいから美容院での使用が多いとか。ネット等の口コミで一般家庭でも多く使われているようです。

先週先々週と実物が売っていないかあちこち探して歩いたんですが(試してみたかったから)見つけることが出来ず、とうとうネットで買ってしまいました。

届きましたよ。試してみましたよ。

・・・ウケました。ハイ。「ワルツ」ホーキ、まんまじゃん、ネーミング・・・。

予想に反して穂の部分の厚みは全くなく横から見ると1cmもないくらい(それどころか5mmもあるかどうか?)。毛は光沢がありコシの非常に強い化繊。

で・・・ササッと床を掃くと・・・・・・・・・・ブルブルと震えるのです。ぶるぶるぶるっと! まさにワルツを踊っているように!!

あー、ウケた。笑いなしには掃除できない掃除用具。

肝心の使用感は、まだちゃんと掃除に使っていないのでわかりません(笑)。試してみた限り、毛足が前の箒より短くコシが強すぎて、部屋の隅や壁と建具(ドア枠とか)のちょっとの隙間とかに箒が入っていかず「ゴミを掻き出す」という作業はできない様子。

ま、ちゃんと使ってから記事付け足します~。

|

お札には羽が生えている(これ本当)。

フダじゃなくてサツですから(笑)。

いやー、ホントに羽が生えているとしか思えない、先月からの減り方、半端ないですわ。。発作的に京都に出かけたのがじわじわ効いてるんだけどさ。。

今日も車の一年点検でヒラヒラ・・・あれもこれもでヒラヒラ・・・。

そうそう、リナの学習机が届いてニケの机と並べておいたのですが、、弊害が。ベランダに面したホスクリーンが半分以上使えなくなってしいました orz

折しも花粉症シーズン突入。他の部屋にホスクリーンを増設しようかと思ったのですが、天井に下地が入っていないため、旦那が家の仕様書やら天井裏のぞいて細い梁?を確認したりして、、

結果、旦那曰く「天井が落ちる」ってことで却下。

結局間柱を狙って、pidを子どもの寝室に設置、それと書斎の半間の間口に棒受けを取り付けてもらいました。

pidも結構高かったな。。ホスクリーンの下地なんて無料でやってもらったんだから、あちこち全部入れておいてもらえばよかったよ(-_-;)

いずれにしろ、今でさえ結露する子どもの寝室に洗濯物を干すのだから、除湿機なしでは無理でしょってことで除湿機も購入。

そんでもってリナのスキー合宿の写真代だとか、卒園年度のせいかママランチが活発すぎて毎回結構な金額かかるしぃ・・・。

まじでヒラヒラ音が聞こえます(苦笑)。あー。

|

姫系カーテン?!

に、なるんですかねえ?

GWにリビング続きのウッドデッキが完成したことは日記にも書きました。で、念願の「カーテン開けっ放し生活」が出来るようになったのですが、とはいえ全部フルオープンというわけには行かず、掃き出し窓の上半分はカーテンがないと困る。

今更シェードとかブラインドとかは予算もないし部屋の雰囲気にも合わない。

って事で、姑ともいろいろ相談したのですが、引いて開け閉めするカーテンではなく、天蓋付きベッドのカーテンのように重なった部分を開いてタッセルで止めてしまうカーテンにしてはどうか、という事になりました。

でもねえ、これ、布幅も丈も長くないと難しい。ということで、IKEAの出番ですよ。セール品(というかいつも同じ値段の気はするが・・・)の、なんと2枚で599円のカーテンに(しかもサイズが280×250cmですよ)、カーテンテープとフックを買ってきて、雨天の日にダーッと縫いました。しめて1200円(笑)。

180cm幅の窓なので、完全に二重にして、上でなく裾側にカーテンテープを縫いつけておしまいです。バイヤス布なので、棒を通すために輪を作ってテープで縫いつけてある部分と布だけの部分と長さが違ってしまって、布だけの部分がビロビロ伸びてうまく行かなかったんだよね。

文章だと説明難しいけど・・・。

まあとにかく、いわゆる姫系?!カーテンが、リーズナブルに出来ましたって事で。。

|

へぇ~!!!

通販雑誌などでよく見かける「おしゃれなゴミ箱」のDULTON社。デザインといい色合いといい、絶対アメリカの会社だと思っていたら、なんとれっきとした日本の会社なんですって?! 驚いたわ~。

町田のショールーム&店舗が車で10分くらいのところにあると最近知ったので、昨日行ってみたのですよ。・・・行ってどう見ても日本の会社じゃなかったわ~・・・経営者のセンスが完全にアメリカンなのでしょうね。昨日は何も買わなかったけれど、ガーデン雑貨も意外に沢山扱っているので、また来ることになると思います。

ガーデン雑貨つながりで、今年のワンダーデコールのイヤープレートは舌出したガーゴイル。超おちゃめな姿で、はがきが届いた瞬間にお買い上げ決定(笑)。初日に買いに行って裏庭のフェンスに居場所を確保しました。

でもさ~・・・ガーゴイルって、調べてみるとそもそもは雨樋の排水口になっているもののことを言うらしいね。水を吐かないやつは単にグロテスクと呼ばれるらしい。ふーんって感じ。

それから長年欲しいと思いつつ躊躇していたアンティーク(ジャンク)ステンドグラスをゲットしました。ネットサーフィンしていてこれだ! とビビッと来たのを即ポチでした。大きさの割に他のお店が取り扱っているものに比べて安いし、何の意匠かもちょっとよくわからないし、何よりお店が上下逆さまで売っているという・・・(苦笑)。というか、これは間違いなくデザイン的には上下逆だろうとわかっていて買ったのだからいいけど。

すぐに届きましたが、安いだけあって状態はあまりよくないです(ガラス部分は問題ないですが、縁と枠がね)。ただ、いかにもアンティーク(というかジャンク)な雰囲気で、むしろこういうのを求めていたのでいい買い物した~とちょっと喜んでいます。とはいえ本当にぼろぼろなので、今日は補修用の材料を色々買ってきました。一番上の塗装と、ボロボロになったパテを一旦はがして、ペンキを塗りなおそうと思っています。

寒い日が続いていますが、日が長くなってきたためでしょう、植物は正直ですね。庭じゅうあちこちの樹木宿根草の新芽が膨らんできています。春めいてくる前に、裏庭のデッキとフェンスの塗り直しもしたいなと思っていま~す。

|