« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

検査結果・・。

1月半ばから、総合病院に通っていた検査ですが、想定する中で(いや、自分は違うだろうと見て見ぬふりをしてた)最悪の結果が出ました。

病名の公表を含め、もう少し考えたいので、一旦ブログを停止することになりそうです。

突然の宣言で申し訳ありません。

ニケの学校生活を興味深く読んでくださっていた方もいらっしゃると思いますが、ちょっと精神的に余裕が出てきたら再開しようと思います。

|

バレンタイン・デ~♪

ハッピーバレンタイン!

今年の我が家は、リナが友チョコを一生懸命作った以外は、インフルエンザのせいで買い物にも行けず。。

というか、自分チョコ(違うだろ旦那用だろ)厳選している時間もなかったわ。

ニケも、根が真面目で幼いので、学校にお菓子持ち込み禁止を守っているし、男の子にはチョコはあげる気は全く無いみたい。部活として堂々とお菓子を食べられる部活なので、あんまり意識していないというのもあるんでしょうけど。

なんですが、先週、受検休み明けに前期上級生がやらかしてしまったらしく・・・昨日は該当学年、居残り説教だったらしい。

具体的には、受検休みのお土産(テーマパークかなにかかね)を授業中に食べたか持っているのを先生に見られたかしてしまった子がいたんだそうで。

お陰で規制強化だそうです。

荷物検査までは今の時代しないとは思うけど・・・違う意味でざわついた一日になりそうですね、中等(苦笑)。

|

通過点であり、スタート地点でしかないのです。

まずは、受検されたみなさん、親御さん、お疲れさまでした。

そして合格された方は、おめでとうございます(^-^) ご縁が無かった方も、何が幸いするかなんて分かりません。縁の問題、本当にそれだけの事だと思うのです。

中学受験(受検)はゴールではありません。合格発表の翌日に厳しい事を書きますが、これは通過点でしかなく、新しいスタート地点でもあるのです。

中等は、よほど要領にも地頭にも恵まれたお子さんでない限り、本当についていくのは大変です。

特にスタート地点は同じであるはずの英語に関しては、基礎ができていることが前提で進みます。うちのニケなど完全に出遅れ、現在はお恥ずかしながら収拾がつかない状態になっており、個別塾を考えています。

合格された皆さん(の親御さん)は、まさかうちの子は大丈夫だろうという思いがあると思いますが、160人いるということは、残酷にも1番から160番まで順位がつくのが中学生以上の成績です。

何事にも、なぜ、どうしてこうなる、という点を自分で納得しないと先に進まないタイプのニケは、英単語発音を覚えるのにすら、今までの(日本語)常識との違いを納得してくれません。「だからそれが英語なんだってば」「英語はそうなんだからまず覚えないと」と、いくら言っても、思考がニュートラルに入らないのです。そして反抗期と重なって頑なに先に進もうとしません。

塾も、やっと本人が受け入れる気になったのが最近の事なのです。

今思えば、地元中でじっくり基礎を始めた方が、ニケには合っていたのかも、、、との後悔もあります。この一年間、親である私たち夫婦は、何度も地元中へ転校させた方がいいのではないかと思いました。それでも、ご縁をいただいたこと、ニケ本人の性格を考えたとき、今さら地元中でやっていけるとは思えない(好転するとは思えない)事などを考慮して、思い止まりました。

どちらが正解かは、たぶん一生わからないとは思いますが、だからこそ合格は通過点であり、新たな環境、教科、人間関係のスタート地点であることは、中等ではない学校へ進むお子さんとの違いはないのだと思っています。

昨日は、ニケは本当に久しぶりの登校でした。

朝から事務室へは近づかないようにお達しがあったそうです。特別教室への移動の際に渡り廊下からクラスのみなで様子を見ていたようですが、事務室へ吸い込まれていくお子さんの数より引き返していくお子さんの方が圧倒的に多い様子に、在校生も思うところはあったようです。

今日は、もしかしたら繰り上げ合格の連絡が来ている方もいらっしゃるかもしれませんね。

以前の記事にも書きましたが、市進学院の繰り上げ情報によれば、去年は推定で二桁人が繰り上げ合格されています。郵送と電話のタイムラグから、上位者には電話が先の場合も多いようです。

期待と不安と。

皆さんどうぞご自愛くださいね。

|

いよいよ明日、運命の日。

今日は寒いですね。。

我が家、インフルエンザ狂想曲に踊らされて、私は久々の出勤になります。夜更新出来る自信がないので、朝のうちにブログを更新しておきます。今学校のサイトを見てきましたら、まだ通常モード。多分、今日の夕方には合格発表モードに変更されると思います(感染症出停書類の書き方見とかなきゃ)。

さて・・・県立中等の合格発表、いよいよ明日になりましたね。

長かったですよね・・・この一週間。本当に、本当に、お疲れ様でした。

前にも書いたかもしれませんが、私もこの、検査から合格発表までの一週間が、ニケの受検関連で最も精神的に疲れました。。

番号掲示を学校まで見に行かれる方、ネットで確認する方。色々いらっしゃると思います。本人に掲示を直接見せる是非については、それぞれの価値観だと思いますので、あえてこのブログでは書きません。我が家は学校を休んでまで見に行く必要はないという方針のもと、本人は普通に登校させ、私がネットで発表を確認しました。

当日の流れについて、おさらいしておきます。今年の受検案内は入手しておりません、あくまで去年の体験をもとに書いております。

まず、10日の決められた時間までに「合格通知書」を受け取る必要があります。その際は、受検票が必要です。受検票があれば、本人同伴である必要はありませんが、本人が書類を受け取り、中等の先生から直接「おめでとう」と声をかけてもらうのは良い経験になるかもしれません。

「県立中等教育学校入学者決定検査 合格者受検番号」掲示板・・・うん。なんか言葉にすると仰々しいですが、悲しくなるほどそっけない、80個の番号が書かれた模造紙が男子女子、それぞれ一枚ずつ、それぞれのホワイトボードに貼り付けられていましてね(それも去年はマグネットで留まってたよ。。なんか公立っぽい?)。学校説明会や文化祭の賑わいと、受検者の多さとを考えると、本当に本当に狭き門なのだと、実感します。

で、掲示板の横に、合格された方はこちらへ、という誘導板が立っているので、それに従い校舎内に入ります。

「合格おめでとう」と書かれた封筒を渡され、中に「合格通知書」を含めた書類一式が入っていますので、用意されたテーブルで、中身の確認をしてください。

本人を同伴されている方は、その場で「誓約書」にサインをされるのもいいでしょう。

次に、銀行へ行き、「入学金」を収納します。その際、学費等の「口座振替依頼書」も同時に提出すると、手続きが一度で済みます。

口座振替依頼書は、ゆうちょ銀行以外の金融機関はすべて、学校に提出する前に金融機関の口座番号と届出印の確認が必要になります。

県指定の金融機関は、検定料納入の際に一覧のあった金融機関と同一かと思いますので、口座をお持ちでない方はいらっしゃらないと思いますが、駅前に支店がない場合は厄介ですので(印鑑照合してもらうのに駅を移動しなければならない)、駅前に支店のある銀行に口座があったほうがいいかもしれません。

今すぐ、支店があるか確認しましょう! なくても大丈夫、支店のある駅まで行けばいいだけだし、なんなら明日新規開設しても間に合います(口座振替依頼書は提出期限が11日ではなく一週間ほど先でしたので、あくまでも、「駅前に支店のある金融機関」「なんなら新規開設」は、10日中に済ませたい方への推奨方法です)。

その後は、学校にもう一度戻って書類を仕上げるもよし、カフェ等でゆっくり仕上げるもよし、私のようにテンパって何も考えられなくなったからと一旦自宅に戻るもよし、です。

ただし、いずれにしろ、手続き期限までに書類一式を提出する必要がありますので、11日の期限までに必ずもう一度学校へ行く必要があります。

「合格おめでとう」の中の書類一式を提出すると、今度は「入学準備について」という封筒で書類一式を頂きます。副教材を宅配便で受け取るとその場で決めている方は、この場で提出(費用も)するんだったかな(ごめんない、ここはうろ覚え)。

申込用紙を提出する体育館履きのサイズは、入学者説明会時に試履して合わない場合は取り替えらましたので、今年も大丈夫だと思います。

あと、宅配便については、入学者説明会当日でも受け付けてくれていました。

当日にできる行動はここまでです。

ですので、一度にすべてを済ませたい方は、

・本人同伴
・口座情報と印鑑

は、絶対に忘れずに!!

ご縁がありますように!

|

課題に追われる中等生。

定期テスト前よりも必死でやってますな(笑)。

というのも、明日、受検休み最終日にお友達と遊ぶ約束をしているから。

校外学習直後にインフルエンザを発症したニケ、丸2週間学校に行かないし、お友達にも会えない。

ものすごい楽しみにしているんです。明日を。

ですが、10日提出の課題にめどが立たない場合は行かせません、とお達ししたら、かーなーり必死です。だって、今回も本当にすごい量の課題出てるんですもの・・・。総量で言ったら、冬休みより多いんじゃない? と思うくらい。

で、一部発展家のクラスメイトはやれディズニーだ原宿だと言っているようですが、我が家の方針で、中学生の間は災害時に何かあったときに歩いて帰ってこられない・迎えに行けない場所へは子どもだけではダメ、と決めているので、同じような方針のお家のお友達と、通学途上の繁華街(実家の最寄り駅だ・笑)の手芸屋さんに行く約束をしたそうです。

それでも、この辺の田舎と違ってデパートやら飲食店やらたくさん集中している地区なので、変な人に絡まれないようにとか、くどくどと言ってしまいました。お友達はしっかりしたお子さんなので大丈夫だと思うんだけどね。

生憎の天気のようで残念ですが、お相手は運動部の子なので、校内立入禁止ですがどこかの体育館を借りたのか練習試合かなにかなのか、前半は部活があったようです。

年間を通して唯一の完全オフの一週間と聞いていたから、ちょっと気の毒になりましたけど・・・。

さて、入学して、英語が大大大嫌いで大大大の苦手になってしまったニケ、冬休み明け、少しやる気が出たかと思いましたが、やはりそれは気のせいでした・・・。

とうことで、先日担任の先生と話しをしまして、今度こそは補習塾(個別塾)を探すことに決めました。

本当は、おじさん先生が一人でやっているような町の小さな補習塾がいいのだけど、あの教科書と問題集を扱ってくれるところが私には見つけられないので大手の個別になっちゃうのかなあ。

どなたかそういうところご存じの方がいらっしゃいましたら、こっそり教えて下さいませんか、→プロフにメアドありますんで。

漢字や、社会の小テスト(地名国名など)は、私が横についてちょっと「こういう覚え方をしてみたら?」的なアドバイスをしただけで、一発合格してきやがる。

ということは、やってもやっても覚えられないというのは彼女の言い訳で、暗記自体は、やはりやる気の問題のようです。

|

長い長い一週間。

受検から合格発表までの長い長い一週間。

本人は、受けたことすら忘れた「ふり」をして元気に登校、どころか放課後はランドセルを放り出してすぐ飛び出していくとか、はたまたゲーム三昧、溜まった録画の消化、積読していた本や漫画の消化・・・そんなところでしょうか。

親は悶々として、ああ、まだ○日もある・・・と、長くて長くて気が狂いそうな毎日。

そんな感じではないでしょうか?

いじめているわけではないです。だって、去年の自分がそうだったのですもの。

一昨年年初までは長く専業主婦だったので、去年の今の時期は本当にパートをしていて良かったと感じました。気が紛れるから。

時間ができるとそれまで全く縁のなかった受験関連掲示板や個人ブログを読み漁り、ああ、こうした方が良かったああした方が良かったと、後悔することもありましたね。。

受検が終わると、不安なお母様方がこぞってインターエデュなどにも書き込みされています。

あそこは誰でも書き込みができるので、情報が正確かどうかすら判断できないところが悩ましいところ。

去年は問題の傾向と難易度が一昨年とはちょっと変わって、素直で点の取りやすい逆を言えばケアレスミスのある無しで合否が変わってくる可能性がありました。

インターエデュでは、満点も出たのでは? なんて書かれて、本気でビビりました。

今年の問題も、去年に引き続き、市立都立とは違って素直な適性検査問題ばかりでした。でも、これでもかと前提条件があり、一つでも見落とせば正確な答えは出ない。

多くの子が落としそうにない問題でも、例えば日本丸の問題など南・東・南と計算するより先に南合計・東と計算したほうが圧倒的に早く答えが出る→後半の問題に掛かる時間が増える、と言った本当に細かいところでもトラップがあった気がします。

違ったのは文字制限のない作文があったこと。あれを見ると少し文系に傾いた感じはしますね。

不安なのは皆一緒、運命の時を待つしかないんですけど、でも何かしら足掻きたい。

しかも去年の我が家は、受検から発表の間に地元中の体験授業(全員参加)と参観とジャージ採寸等(入学予定者のみ)がありました。

中等に縁がなければ地元中という単願受検でしたから、半分以上ここに通うんだ、というつもりで真剣に対応しましたよ。ただ、諸々の注文だけは結果が出てからにさせてもらいましたが。説明会では、副校長先生に個別にそのことをご相談させていただいたり、1/6の確率なのでうちに来るのが濃厚なんでしょう、というような態度は微塵も見せず気持ちよく対応してくださり、地元中の先生方にも悪い印象は全く持ちませんでした(合格して、他の中学に行くことになったことは小学校の担任の先生を通じてお伝えいただきましたが、小学校の担任の先生経由でおめでとうございますとお祝いもいただきました・・・でもこの副校長先生4月に異動されちゃったんですよね・・・)。

そもそも、ニケとリナの通う小学校は中学校との連携スタイルの学校なので、それまでも、今も、何かと小学校と繋がりがあるんですよね。

何が言いたいかといえば、目先を変えて、中等に縁がなかった場合進学する中学校の良い所を今だからこそ探しておくのもいいと思う、ということです。

大丈夫、それは逃げではなく、リスク管理ですから。

さて、そしてここからは、本邦初公開(バカ)。去年の長い一週間を持て余した私の勝手な憶測に基づくなんの根拠もない「採点に関する分析」です(分析と呼ぶのかそれ)。今長い待ち時間を過ごされている方はにはもしかしたら腹の立つ内容かもしれません。下らない読み物として受け入れられそうにない方、読みたくない方は回れ右でお願いします。
















続きを読む "長い長い一週間。"

|

マイガッ

なんと、本日旦那がご近所から仕入れてきた情報によるとですね。

近所(小学校)で流行っているのはインフルエンザB型なんですって!

ニケが持ち込んだのはA、リナもこれで間違いなくニケのAを貰ったことが確定し、さて検査していない私は・・・? というところですが、仕事を含む外出時には一切マスクをはずしていないので(食事の時だけ)、やはり子どものどちらかから貰ったと考えるのが妥当です。

ということは、地域のB型が終息するまで全く予断を許さないと、そういうわけですな。

何しろ我が家は数年前に、ニケがワンシーズンにAB型両方かかり、両方私にうつされた前科があり。

ああもう、全く、中等生、余計なもん持ち込んでくれるわ!

|

我ながら中毒だなあ。。

えっと、今朝やっと頭がはっきりしました。

やっとネットに来る余裕が出て、自分のブログを見たら、なあんと更新してるし!

真面目に更新した記憶ないです、飛んでます。ネット?ブログ?中毒ですな、これは。間違いなく私の文章だし、乗っ取られた訳ではないと思う。怖いわー、インフルエンザ。。

これだけではなんですので。

受検された皆さん(親御さん)、お疲れさまでした。

県立中等の適性検査問題解説、ネットに出るくらいですのでかなりざっくりですがenaに解説が出ていました。

問題は去年同様私立型とは完全に一線を画す、オーソドックスな公立一貫校向けの、読解力と論理的思考力、基礎的な計算力をみる典型的な適性検査だったと思います。

受検状況は中萬学院のページが更新されていました。県内一貫校の受検辞退(欠席)率は、去年とほぼ変わらずとのこと。

あと、気の早い話ですが、繰り上げ合格については市進学院のpdfファイルが見やすそうです。去年は推定値でこんなに繰り上げ出てるんだ! ちょっと驚いた。正規合格のニケが今入学してから苦戦しているところをみると、適性検査とグループ活動の点数で逆転してしまった子もやはりいるのかも・・・と思いますね。

合格ボーダー付近が予想される子は、適性検査対策はもちろんのこと、グループ活動対策も大事だと思います。今さらですが、リナが本気で参戦するならば、戦略の重要なファクターですね、こういうものは生まれ持った性格と鍛えるにも一朝一夕ではどうにもならない要素ですから。

|

なんと言うことでしょう。。

実は、昨日から私自身がインフルエンザを発症してしまっております。

あれほどうつらないように気を付けていたのに、駄目でした。。予防接種も、プラズマクラスターも、空間ウイルス除去剤も、ヤクルトも、手洗いも、紅茶うがいも、まめな水分補給も結局効かないって事なのね。

朝起きて、いつも以上にだるいな~と思いましたが、熱は微熱。お昼御飯の用意が億劫で、何だろう、、ちょっと横になろうと思って昼寝から起きたら、測るたびぐんぐん上がり、5時過ぎで38.2度。

一晩待って子どもと同じ小児科へ行ってもいいけれど(熱出て一晩たたないと検査してくれないし検査しないと薬くれない医者)、100%インフルエンザな事はわかっているので、近所の内科に駆け込んで状況を話すとすぐさまイナビル出してくれました。

イナビル吸入して、夜半に悪寒が収まったところで、38.6度。一回目のカロナール服用。明け方3時頃に二度目のカロナール。

熱はこれで落ち着いたかなと思いますが、頭痛がひどく、今日昼過ぎにもカロナールを飲みました(のたうち回るほど痛かった、、)。

水曜日まで出勤停止。うー。仕事はまあ仕方がないけど、やらなきゃ行けないことがたくさんあるのになっ\(>_<)/ 困った。。

|

いよいよ、明日。

県内、公立一貫校の入学者決定検査が行われますね。

今更、こんな時間に他人のブログを読んでいる親御さんはもしかしたらいないかもしれません。それでも、書かせてください。

すべての受検生が、普段の自分で、自分らしく検査に臨めますように。今までやってきたことがすべて出し切れますように。

ニケの学校だと、コンサートホールの入口付近(もしかすると百貨店出口付近)から、すでに行列が出来ている可能性があります。

そして、その先の公園で大手塾の講師陣が陣取って応援合戦をしていると思います。有名私立並みみたいですよ(公園が通学路になっているのでやりやすいのでしょうね)。

これね、小規模塾出身だと、けっこうビビるかも。

お子さんにも、そのように話しておいて、驚かないようにした方がいいかもしれないです(性格次第ですが)。

朝早いと冷えて寒いですから、行列中はどうぞ気をつけて(親も子も)。今年は工事中なのでスペースが狭く、去年までと少し様子が違うかもしれません。

そして学校の通用門(自転車置き場)から流れ作業で保護者と左右に別れ、お子さんだけが会場に入っていく感じになります。

保護者控室はありません。我が家のようにいったん帰宅するもよし、駅前で時間をつぶすもよし。ただ、グループ活動の時間が遅いと親も待っているのが辛い。。

お子さんの服装は、普段着でOK。教室はエアコンが入っていると思いますが、体育館はとても寒いとのこと。寒さ対策だけは万全に。

ただ、暖かくしなきゃ! と沢山防寒用品を持たせるのは、手袋やマフラーは、片方見当たらない、どこに入れたっけ的なことが起きると、気になったり、動揺してしまうお子さんは注意が必要かも(ナーバスになりがちですから)。

いずれにしろ、「いつも通り」過ごせることが一番だと思います!!

※最後に蛇足。

昨日用事があって学校へ行ったのですが(検査のために全生徒すべての荷物を引き上げるので、インフルエンザで出席停止中のニケの荷物を取りに・・・)、校長室の前にありましたよ、「入学者決定検査会場」の立て看板が。

いよいよだな、って思いました。

|

予想通り、リナ、インフルエンザでした。

A型です。確実に姉ちゃんから貰いましたねー。

私は相変わらず微熱で肩こりが酷いですが、高熱が出ないので、検査はしませんでした。

家の中でもマスク、家中のプラズマクラスターをフル稼働とクレベリンで、大人への感染は回避したいところです。

毎回、予防接種していて罹ると思うことだけど、ほんっとこうなると予防接種代無駄だよな。。あーあ。

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »