« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

行ってきました。

それにしても今日は寒い。夕方から、今シーズン初の床暖房を入れました。明日はまた少し上がって、明後日からは本格的に冷えるみたいですが・・・。

会社でも体調不良者が続出、私も先週から咳が止まりません。小中学生幼稚園児の間ではすでにインフルエンザが流行、水疱瘡おたふくマイコプラズマ等の感染症もかなり出ているようです。

皆さん、気を付けてくださいね。

で、行ってきました「学校へ行こう週間」と「学校を開く週間」。

中等では1ー4年生までの授業をまんべんなく見させてもらいました。と言ってももちろん、ざっとですけども。英語は外国人講師の授業(次世代英語)が楽しそうだったな(実際には楽しいより大変なのかも。。)。数学は、3年生から習熟度別の選択になるようで、2クラスを3クラスに分けて授業をしていました。PCが並んだ教室が2?3?つもあって、生徒たち使いこなしてるなーって感じでしたね。音楽室調理室は外から覗いただけです。

進学校の光景でした(笑)。そして学年上がるにつれクラス人数の増加と、特に男子の体格がよくなって教室が狭く感じました。ニケもちゃんとあんな感じになっていくのだろうか。

初日ではなかったので、保護者や一般の見学者の方も割とまばらで落ち着いて見学出来ました。まあ、小学生らしき親子連れも何組か見ましたが。。

小学校の方は、前日に時間割りを聞いたら「書いてくるの忘れたからわっかんなーい」ですって。。ホントにもう、リナはどうしょうもない。そのくせ疲れて体調悪いから行けないかもと言ったら泣く。えーえ、冗談ですよ、行きますよ。

まあ、ただでさえニケでいっぱいいっぱいであまり親に構ってもらえず、甘えたチャンなので仕方がないんですけど。

ってことで、とりあえず行ってみたら英語やってました。外国人講師が黒板に施設(建物)のイラストの紙を貼って、子どもたちに単語を教えていました。先生が発音して復唱、次に指差したイラスト絵を子どもたちだけで読み上げ。それを何度も繰り返し。

授業後半は、そのイラストのカードを使っていわゆるカルタ。単語の読み上げの時から、明らかに英会話やってるなーって子が何人かいましたが、カルタではその差が顕著に出ていました。

うーむ、、ニケの様子を見て英語にはかなり危機感を持ったので、、、、リナは習いに行かせるか。うう迷う。

4年生はねえ。最近は男女のライバル意識がすごいみたいで、授業中も、男女の競争になるとヤジが飛んだり。あー、高学年に突入ですね。

まあ、そんな感じで、オープンスクール週間も終了。11月は小学校の行事がバタバタと続きます。区の音楽会、地区の文化祭(区の音楽会の再演と音楽教室の発表会、)、小中の記念事業で祝日登校もありますわ、そう言えば。

あー、早く体治さんと。週末は寝て過ごしたい・・・。

受検する皆さんは100日を切りましたね。

一年前のニケ。この期に及んで模試でD判定取ってきて、どっかーーーんと雷を落としました。

雷を落とした後は冷静に、何が出来ていないのかを分析。この期に及んで(しつこい)計算力が弱いと気づき、適性対策は塾と塾の宿題のみにして、家庭学習は小学校範囲の算数テキスト・ドリルを徹底的に始めた時期です。今さらですよ、本当に。

4年生からゆる~く志望していた割には、エンジンがかかったのは非常に遅かったわけです。てか、エンジンかけてもアイドリング状態が長くて、走り出したのは冬期講習からかも。。ギリギリにならないと本腰が入らないのは性格なんでしょうが、親は本っっっっ当にイライラします。

今、入学してから苦労しているのも(成績が悪いのも)、本人はあまり気にしていない風なのが親としては腹が立つんですよね。。

中学入ったのでそろそろ手を離していきたいのですが、今度は思春期反抗期。ベッドの下からは学校で借りた(こんなん入ってんのかよー中等図書室、、orz)やおいっぽいラノベが出てきたり。学校の図書館では禁止もできんしなあ・・・。自覚が出るまで生ぬるく見守るなんて私には無理だー!

|

学校を開く週間(学校へ行こう週間)。

今週は、学校を開く週間(学校へ行こう週間)です。ようするにオープンスクールみたいな?

中等も、リナの小学校もです。なんで重なるかなー。。1日で回れるならいいんですけどね、中等は3ー4時間目のみの公開なので、同日に小学校も見に行くのは時間的に難しい。

仕事が繁忙週なので、学校行事に二日取られるのは結構辛い\(>_<)/

とりあえず今日は初日(私は行ってないです)。小学校もそこそこ見学者がいたようですが、いやー、中等はすごいことになっていた模様。

確かに、あちこちの小学校がこの週末に運動会→今日は振替休みの小学生が多数→よって中等の授業見学者も多数。という現象が起きていたようで、「大名行列みたいになってた~」とはニケの談。

予約制の学校見学は瞬殺で枠が埋まってしまったそうで。確かに予約がとれなかった方が授業を見学しようと思ったら今日しか機会ないですもんねえ。

見学された方はどんな感想を持たれたでしょう。

1年生とはいえすでに入学して半年以上、数学と英語は地元の中学校だと二年生以上のレベルもやっているかもしれません。他の教科も、理科の実験などは安全面から普通やらせるのは難しいよな、という感じのことをやっていたりするみたいです。

進度の早さには、聞いて納得していたつもりなのにそれでも驚きますからね。。

それにしても、ニケとリナの小学校だと、児童数が少ない上に期間中いつでも見学可能だから、期間中に学校に行っても数人の保護者や地域の方とお会いするくらい(熱心な方は毎日行く方もいるようですけどね)。

ギャップが激しいわ。そりゃあニケが帰宅するなり凄かった~と興奮しているわけだ(笑)。

|

二者面談で、実力診断テストが返却。

本日、ニケは二者面談でした。期末テスト直後に行われた実力診断テストの結果がその時に返却されたそうです。

点数は一応書いてあるものの、評定は5段階の「理解度」で表示され、学内順位や偏差値はありませんでした。学力推移調査とはちょっと違う感じです(実施業者は一緒なんだけど)。学年によって違うのでしょうかね?

まあ、期待はしていませんでしたが。。英語は言わずもがなの点数評定。

・・なのですが、数学が結構良くて、国語が悪い。国語は特に記述が悪すぎる。問題もろくにみていないのですが回答をみるだけでもダメだこりゃというレベル(同じ文章で一度書けばいい言葉を繰返し使うとか、簡単な漢字すら間違えているとか)。

数学の期末テストは辛うじて指名補習を免れた状態なのに、なぜこんなに良いんだオイ(苦笑)。

教科横断型問題も、数学部分は出来ているけれど国語部分がダメ。

あ、良いといってもニケレベルでですからっ! そこんとこ誤解なきよう。。(って、する人いないか)

二者面談、この他には通常の勉強のことや部活のこと、持病のことなどを話した模様。

後期に入って、12月まで定期テストはありませんが、11月始めに学力推移調査があるようです。本当にのんびりする間もないわね。。

|

久々の、フリーな一日。

これくらいは許されるよ・・・

20161018_115206


ね?

ね?

-----------------------------

そしてこれから二度目の洗濯干し。。orz

|

二者面談。

中間テスト後には三者面談がありましたが、今回は二者面談だそうです。子どもと、担任の先生の二者。

昨日からと聞いていたのに帰りがやたら遅いなーと思ったら(40分×6時間短縮授業、部活があっても早めに帰ってくることが今までは多かったので)、学校側の都合?で今日からになったって。

担任の先生、、最近こういう伝達忘れが多い気が。お疲れなのでしょうかね。

ニケはいつなんだっけな。なんか、都合が悪い子と替わったりしているらしいから、親も正確にはわかりませんが。。

どんな話をするのでしょうね。

さて。

急に寒くなったせいか、体調を崩している人が多いですね。我が家も例に漏れず。ニケの喘息リナの発熱私の寝違いetc、、、その上ちょっと色々とショックというか忙しさが重なり(ニケの成績しかり・・)、正直私もかなりしんどいです。

あー、なーんにもしないなーんにも考えない日が、3日くらい欲しいなあ。。。


|

あぁ、通知表。。

遥か彼方、遠くを見つめております今の私。

いやー、、、覚悟はしていましたけどね。英語は予想通り。他の教科もテストの点数通りかな。

1教科に4ー5つの評価項目があり、それらが各々5段階(点数)で評価されます。で、その評価を足して出た点数で、5段階に評定されます。

あと1点で評定がひとつ上がる! って教科が3つもあって、ああ、、ニケの要領の悪さが顕著に出てるなーと思います。。

逆に一点下がると下の評定になっちゃう教科もあって、結局、どの教科も紙一重の怖さ・・・。

しっかし、高校受験がないからですからね、本当に容赦ない、一貫校の成績評定。

正直、アホな私でも中学時代はおろか、高校時代だってこんな成績表見たことないわ(むしろ高校の時は転校した学校が進学校じゃなかったからむっちゃ成績良かったんだよね)。

あああ、誉め育てからは遥か遠いなああぁ。。

もちろん、ニケの出来が悪いだけで上位グループのお子さんをお持ちの保護者は全く思わないのでしょうけどね。。

|

小学生の通知表についての一考察。

以前にも書きましたが、ニケの学校は検査材料としての内申比率が低いです。

ですが、ニケの5ー6年生の成績は、主要教科はかなりよかったです。一教科に5項目あるとすれば、国算で○が1個、理社はすべて◎、そんな感じです。

でもねー、学校の成績って、本当に学力を正しく表しているのでしょうか。入学して、どうも落ちこぼれているニケを見ると、なーんか関係ないよなーとか思ってしまう。

確かこれも前に書いたかもですが、今年ニケの学年からは県内トップの女子校に進学されたお子さんがいるのですが、高学年になってから◎の数ではニケの方が多いこともあったとかなんとか(子どもの言うことなので真偽も不明ですけどね)。

学校のカラーテストは範囲も狭いしね(私立受験組の子は先取りして、今学校でやっていることは忘れていることもあるらしいし。2月の入試に照準合わせてるから)。

リナが成績表持って帰って、食事時にその話をしたんですよ。小学校の成績ってどうやって付けるのかね、って。

まず、テスト以外には、担任の先生との相性。これが一番大きな要素。

それから、授業態度・意欲。これも、担任の先生が求めている授業の流れに乗れるかどうかが大きい。

最後に、ノートの取り方。

私は最後のノートについては全然意識していませんでした。確かに中学に入ってからはそういうことはあると聞いていたんですが・・・小学校もだったんですねぇー。あゆみの説明でそんなこと聞いた記憶もないや(^_^;) 割りと真面目に出席していたつもりだったけど。

ニケの話では、「見やすさ(カラーペン使ったり)とか、重要なポイントが書いてあるかとか」を「誰が見ても分かりやすい」という基準で書くんですって。頻度はわかりませんが、時々提出して、評価の対象になっていたそうです。

誰が見ても分かりやすいって・・・それ、生徒のやることじゃなくて、むしろ先生の仕事でしょうって思うんですが。生徒のノートは、自分が見直してわかりやすければそれでいいんじゃね? と。。

その話を聞いて、ますますリナの先々が不安になりました。。

でもなあ、ニケの学校受けさせるには今の段階ではあまりにニケとリナでは地頭に差がありすぎるし、「受検して受かるかも」というレベルにさえ引き上げるには本人も親も相当な覚悟が必要だろうし。

なにしろ本人にやる気がない(-_-;)

うーむ、何だか色々考えてしまう秋の一日。

|

江ノ島へ行ってきました!

三連休中日、江ノ島へ行ってきました。

同じ県内に30年以上住んでいますし、江ノ島自体は何度も行っていますが、

「江ノ島岩屋」には一度も行ったことがない!

からです。

午前中は雨予報の中、8時すぎに自宅出発。降水量予報などからは小雨と判断していたけれど、とんでもない。

道中、対向斜線のトラックが巻き上げた飛沫をもろに被ったり、ワイパーを最速にしても目を凝らしていないと怖いような酷い降りっぷり。風も強い。

お陰で予定通り江ノ島に着いたはいいものの、こりゃー散策可能な状態じゃないわっって感じで。

水族館地下に車を停めて、午後からは止むとの予報だったので、懲りずに予報を信じてまずは水族館へ。正直、もう子どもたち水族館って年齢じゃないよなーと予定に入れていなかったので、痛すぎる出費\(>_<)/

結構楽しかったけど(笑)。

イルカショーとか、かなり趣向を凝らしていましてね、我々が見たのは「餌を使わずにイルカに芸をさせる」という、実は非常に高度な技術を要するけれど(本当にすごいことですよねこれ)、結果が地味?になりがちな内容でした。遊園地の子ども向けショーにイルカが絡んでくるみたいな。イルカと会話できる水中人のお姉さんが4人出てきて、歌って踊って、泳いで、そこにイルカが絡んでくる。

結構あちこちでイルカショーを見てきましたが、こういうのは初めてで意外と面白かったです。

ショー開始15分くらい前に行ったら席が前の方しか空いておらず、どうも雰囲気的にヤバイと思ったら、やっぱりかなり濡れました。。雨対策のジャンパーやビニール袋フル活躍(笑)。ショー水槽が狭いのと、イルカの技術自体はあまり高くないためと思われます。これからの季節はきちんと対策した方がいいですね、、寒いです。

昼食との兼ね合いもあり、ショーの後は一旦外に出て、江ノ島に向かいます。まだ少し雨が残っていましたが、朝ほどひどくはなく。結構な人出でした。

江ノ島、ちょっとしたハイキングですよ。まずは正規?の参道を頂上まで登り(エスカー使うと楽です、高いけど。。我々は歩きました)、奥津宮を目指します。参道には猫がたくさんいるはずなのですが、さすがにこの天気では・・・。奥津宮周辺で何匹見かけただけでした(帰りの下道でも一匹)。

さすがに奥津宮を越えると人の数も少なくなってきます。奥津宮を越えて、よくメディア紹介されている食堂でお昼ごはん。うーーーん、確かに景色はいいし、でも、流行っている割に(だから?)オペレーションはちょっと、、だし。江ノ島丼、美味しかったけどね、量がお上品すぎだったし、ちょい高いな、と。

食後意を決して急な階段を降りて、念願の「岩屋」へ。急な階段を降りきったところにある稚児が淵は、景観、釣り場、磯遊びの場所として有名らしいのですが、この日は荒天で岩場には出られず。

横目に見て、岩屋へ。

ここから先は散策路も岩屋の中も整備されています。岩屋、、ちょっと期待しすぎだったかな。もうちょっと怪しげな雰囲気を期待してた(^_^;)

ひとしきり見学して、戻ります。帰りは奥津宮を越えてしばらく行ったところでお饅頭食べて下道に入り、下社脇までショートカット。

いやー、、それにしても、江ノ島。聞いてはいたけど、90%以上の人はポケモンやってるぞ、って感じでした。すごすぎる。まあ、我々もせっかく来たんだからとやりはしましたけどもねえ。。

水族館に戻る途中、小田急駅前のお店で売っている限定にゃんカップゲットのため遠回り。

午後から雨が上がったせいか(決して晴れてはいないが)、江ノ島周辺はいつもの雰囲気に。人でごった返し、道路は渋滞、駐車場待ちの長蛇の列。

水族館の中も午前中より混んでました。ペンギン紹介ショーだけ見て、帰路に着きます。渋滞しているので、茅ヶ崎方面から大きく迂回。途中、辻堂海浜公園でついでだから「アトム信号」を見ていこうと寄ったものの、稼働時間が過ぎていて、光っているところは見られませんでした・・・。残念!

 

|

小学生の通知表

小4リナが、通知表を持って帰りました。二学期制なもので。

3年生までとほぼ変わらず、△はないけれど、◎も少ない。特に主要教科に◎がほとんどつきませんねー。

ニケのときに比べると全体が本当に「白い」。うん、悪いわけじゃないんだよ△ないしね、でも白い。

ただ、白いんだけど、去年までに比べると担任の先生のコメントが多く、よく子どもの様子を見てくれている。そういう意味では去年よりは黒い(笑)。

勉強嫌いだし知的好奇心も弱い。今日も習い事に行くのに、起きてから30分は髪の毛いじってた。小学生女子らしいと言えばそうなんだけどさ。やっぱり我が家的には初めてのタイプなので扱いにくいよ。

|

手術から、丸二年が経過しました。

超~久々に、腰ヘルニア話題。

手術から二年が経過し、本日検診を受けてきました。無事に「もう来なくていいよ!」と笑顔で言っていただき、卒業となりました。

ばんざい\(^o^)/

朝総合受付を済ませて整形外科受付へ行ったら、今日は担当の先生に30人近い予約が入っているようだったので(札が出ている)、あーこりゃあ今日も待たされるなーと覚悟してレントゲン撮った後、持参した文庫本を読もうと開いた瞬間に、あっさり呼ばれて(受け付け番号は予約の1番じゃなかったんですけどねー)、なんとこれまでで最短の院内滞在時間でした。

最後の診察なので薬を多目に処方してもらったら薬局に在庫がなく、夕方か明日以降になってしまうことを除けば、なんだ仕事行けたかも~って位、あまりにあっさりで拍子抜けです。

とにもかくにも、多少の後遺症はあるもののこれにて完治となりました。これからは、また発症させないように、気を付けるのみです。

|

志願説明会の申し込みが始まっていますね。

あれからもう一年が経つのか~と、感慨深いものがあります。

今年は、去年よりも「注意書き」が増えていますね。できる限り保護者一人での参加や(去年うちは夫婦で参加しましたが、受検生本人を連れて参加している方も見かけました)、それに、はっきりと「参加できなくても、合否に関係ありません」と書かれています。

最終的に願書が手に入れば良いので、無理はしなくて大丈夫だということです。ですが、去年は学校説明会時よりは多少突っ込んだ説明がありましたし、実際に教科を受け持たれている担当の先生から学習面のお話などもあったと思います(もしかして入学者説明会と勘違いしていたらごめんなさい。記憶が曖昧で、、)

合格すれば実際に子どもが通う学校ですもん、地元中と違い、向こうも選抜検査で子を選びますが、こちらも学校を選ぶわけですから、判断材料を増やすために出来る限り行った方がいいとは思います。説明会後に校舎の見学も出来るようです。

学校は結構厳しいことを言いますが、残念ながら大袈裟に言っているわけではなかったなと実感しています。もちろん、なんだ大したことないじゃないと思うご家庭もあるとは思いますが、親御さんは、しっかりお子さんの性格と学校の相性を見極めてあげてほしいです。

そうそう。私が参加した回の待ち時間にはクラギの演奏もありました。今年もあるのかな。あるとしたら、音楽系部活の演奏を聞く機会でもありますネ。

|

秋の花粉がぁぁぁ

今年は秋の花粉症が辛い!

家族全員やられていますが、中でも我が家で一番重いアレルギー症状の出るニケは、順当に喘息発作を起こしております。アレルギーっ子には辛い季節\(>_<)/

ニケの喘息は中学に入ってから酷くなっています。年齢的なものか(思春期には悪化する子が結構いるらしい)、精神的なものか、気候的なものか、はたまた学校設備の古さのせいか。まあ全部なのででょうが。

あまり学校のせいにしたくはないですが、たまに行っても古さを感じるし、特に空調が古いしね。。

通学に公共交通機関を使えば、それだけ徒歩で通っていた小学校時代よりもいろいろなアレルゲンに曝される機会も増えるし。これからの季節、菌やウイルスも心配だしなあ。

さて。ニケは代数の指名補習は免れた模様。というか、親としては呼んでくれ! という感じですが。だって、仲のよいお子さんが一人呼ばれたそうですが、その子とは期末の点差は数点だったと・・・。それ、かなりの低空飛行ですよ、ニケ。

まあ、体調も思わしくないので、週末は休みたいのでしょう。本人は指名がかからなかったことにホッとしたみたいです。

英語には相変わらず苦労していますが、何はともあれ連休明けには初めての通知表を持ち帰ってくるようです。はぁ~、、、相当の覚悟をしておきます・・・orz

|

運動会

小学生の運動会が無事に終わりました~。

金曜日は仕事でした。職場を出るまでメールチェックが出来なかったのですが、早々に日曜日に順延が決定しており、お弁当作りが一度で済んでホッとしました。今の校長先生は決断が早く、勘が良いようです。

日曜日は暑いくらいの一日になりました。そしてリナの所属色組が辛うじて勝ちました~! 毎年結構な大差がつくのですが、今年は本当に僅差で最後まで盛り上がりました。

ニケも一日中見学していたのですが、小学校の時に仲の良かった子と日向でスマホをいじっていたりしたせいか体調を崩し、微妙な状態に。課題も宿題も終わっていない状態だったので、またも本気でキレました。というか、いつになったら本気でヤバイって気づくの? 次回からリナの行事にはニケは参加禁止にします、マジで。

学校の授業、勉強が優先でしょうあなたは!!

にしても、在籍児が一人になると競技の合間が長くてだれてしまいますね。更に、日曜開催だと翌日は上の子は学校でお弁当も作らなくてはならないから(仕事は休みですが)、体も気持ちも全く休まりません。。

お天気の日に開催できたのは良かったけれど、ペースが崩れて色々辛いです。

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »